脱出ゲームを作ってみよう!1

先の記事にもあるように、先日スマホアプリの脱出ゲームを作成しました。(^^)

バナー

今アプリを作るならば脱出ゲームが強いらしいですね。私はこの本を読んで、あとはネットの知識を補足して作りました。

 

 

ゲーム制作の構想期間は何ヶ月もとすごく長かったです。実際に作り出すまでに時間がかかりました。

 

本業の合間、隙間時間を使って制作し、実質制作期間は1ヶ月くらいだと思います。

 

また、もっと短縮もできますし、主要コードを作り上げたのは4日間くらいでした。上記の本が優しくてわかりやすかったので大変助かりました。

 

第2弾を出す前に、こういう風にしたらもっと簡単に短期間で脱出ゲームが作れるのではないか??と思ったことを書いていきたいと思います。ぜひお時間があれば読んでみてくださいね。(^^)

 

その方法(簡単に脱出ゲームを作る方法)は、、、

写真画像を使って、脱出ゲームの背景やらアイテムを揃えてしまう方法です!!

ヴィシェアートはイラスト専でいきますよ♪ただし、こういう方法もあるなと思いました。

 

試しにこれから、何回かに分けて記事を書き、写真画像を使って脱出ミニゲーム制作のチュートリアルを紹介してみようと思います。

挫折しないように頑張ります笑

 

ところで,

脱出ゲームを作るためのツールはというと、現在は明らかにUnity(ユニティ)一択ですよね!!

 

C#言語またはJavaScript(Unity独特のJavaScript)で一つのコードでゲームを制作すれば、あとはAndroid端末やiOSへのアプリのビルドを自動でやってくれます!

 

それらだけでなく、中国のXiaomiやHTML5対応のWebGLやPCゲーム、プレイステーションやXBoxなどあらゆるプラットフォームに対応するアプリを制作できます。
スマホアプリ「ドラゴンクエストVIII」など、大手もUnityを採用しているところが多いですよ(^^)

 

Unityは有料版もありますが、無料制作で全然事足りると思うので、以降この記事でもUnityの記事を書いていきますので、是非読み進める前にユニティをインストールしてみてください。

 

Unityインストール方法

次回に続きます。

 

 

 

人気ブログランキングへ

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ツールバーへスキップ