脱出ゲームを作ってみよう!4

アイテム画像のインポートと下準備

アイテム画像のインポートとUnityをいじっていくための下準備をしていきたいと思います。

 

まずは、Unityのエディタを開いて、右クリックからCreate→Folderでフォルダを作成し、「Images」という名前のフォルダを作成してください。次にImagesフォルダをクリック。

以前の再掲になりますが、アイテム画像は下記のようにエディタ上にドラッグアンドドロップしてインポートすることができます。集めた画像をインポートしてください。

 

そして、インポートした画像をクリックすると、右側の画面にInspectorという箇所があります。その中で、Texture Typeという欄があるので、クリックしてSprite(2D and UI)にしてください。

 

画像をクリックして赤丸の部分をSprite(2D and UI)にする。

 

各々の画像にこれを行ってください。「Apply?」という風に出たときはApplyをしてください。

 

下準備

 

Unityをいじっていくための下準備をこれからしていきたいと思います。

 

このゲームはAndroid用の画面の大きさで作っていきたいきます。

左上のFile→BuildSettingsから下記のようにAndroidを選択してください。Switch Platformを押してください。「No Android… module loaded.」と表示されて切り替えられないときは、Open Download Pageをクリックして、Androidのモジュールをインストールしてください。

BuildSettingsからAndroidの画面にする

作成するゲームの画面の大きさを決まます。ユニティエディタのGameタブからWxga Portrait (800×1280)を選択してください。

画面の大きさをWxga Portrait (800×1280)にする

 

この回は以上です。

次回に続く


ゲーム制作ランキング
良ければぽちっと押してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ツールバーへスキップ