脱出ゲームを作ってみよう!5

前回はユニティを操作するための下準備をしました。今回は背景やカメラを取り付けていきたいと思います。

 

今回のゴールとなる画像

今回作業のゴールとなる画像

今回の作業のゴールはこのようになります。エディタの中央に背景の画像が配置されています。また、左側のスペース(以降『ヒエラルキー』)には、Main(未セーブだと*アスタリスクが付きますが無視してください)というメインシーンに、haikei1、Main Camera、haikei2、Camera、CameraController、EventSystem、Canvas、Button left、Button Rightというオブジェクトがありますね。

 

エディタを(前回から)初めて開いたばかりだと、メインシーン(とMain Camera)のほかにまだ何もないはずです。これからすべてのオブジェクトを作っていくので、すべて解説していくので辛抱強くついてきてください。

 

背景とカメラを設定する

 

まずは、2分割した画像の左右を、下図のようにエディタのScene画面にドラッグアンドドロップしてください。

(上部のタブがGameだとうまくいきません。Sceneタブになっているか確認。)

 

背景画像をドラッグアンドドロップする

 

そして、手動でいいので、二つの画像をぴったり合うように操作してください。

(操作の方法は、エディタの左上に手のひらのカタチのツールボタンがあるのですが、そのとなりの十字キーのようなボタンをクリックし、ヒエラルキーからhaikei1などをクリックするとできます。また、直接エディタ上のオブジェクトをクリックしてもできます。)

 

カメラを取り付ける

私の背景画像は、「haikei1」「haikei2」という名前を付けていたので、ヒエラルキーにそのように名前が出ています。これからはこの名前で背景を読んでいきます。

 

作業ができたら、カメラを背景に取り付けていきます。Main Cameraをhaikei1にドラッグアンドドロップすると、Main Cameraはhaikei1の子オブジェクトになります。今度は、haikei2の上で右クリックして、Cameraを選択してください。Cameraがhaikei2の子オブジェクトとして生成されます。

 

次に、カメラの詳細をインスペクタで編集していきます。Main Cameraを選択します。下図を見てください。

カメラのトランスフォームなど情報

Main Cameraを選択すると、右側(インスペクタという)にカメラの詳細情報を編集できる欄が現れます。Transformのpositionをx → 0、y → 0、z → -5に変更してください。ProjectionはPerspectiveのField of Viewが100に設定すればあとはデフォルトでOKです。

(が、違った場合は各々調整をお願いします。右下にカメラから見えた画像が映し出されるので、そのカメラの視点がちゃんとhaikei1をとらえているか確認してください)

(TransformのPositionのzの値を-5からいじると容易に調整ができます)

 

以上をhaikei2でも同じ数値で行ってみてください。カメラがうまく背景をとらえているか、右下のカメラプレビューで確認してください。

 

次回に続く。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ツールバーへスキップ